Loading...

製品紹介

PRODUCTS

KES-QM接触冷温感試験機

カタログダウンロード
  • KES-QM 接触冷温感試験機
  • KES-QM 接触冷温感試験機
  • KES-QM 接触冷温感試験機
  • KES-QM 接触冷温感試験機
  • KES-QM 接触冷温感試験機
  • KES-QM 接触冷温感試験機

肌がものに触れた時に、「温かい」「冷たい」と感じる皮膚感覚を、"接触冷温感"とよびます。肌からものへの熱の移動量によって冷温感の感じ方が異なり、それを評価する指標"qmax"(熱流量ピーク値)を自動で測定します。

夏向けの涼感・冷感のある寝装素材や、冬向けの接触温感のあるインナー素材などの評価にご活用頂けます。

製品の特長

  • 人がものに触れる時の感覚を模した設計

    対象の試料に接触させる熱板は、荷重や接触面積を、人がものに触れる時の感覚に模した設計にすることで、人の感覚に近い最大熱移動量を測定することができます。

  • 自動で連続10回まで測定

    連続10回までの自動測定が可能となりました。
    自動化により測定値の精度がUPしました。

  • サーモクール内蔵により省スペース化

    測定試料の温度を一定に保つためのサーモクールを本体に内蔵する事で、省スペース化を実現しました。

  • タッチパネルで簡単操作

    測定操作は全てタッチパネル。測定条件も簡単に設定できます。

測定サンプル例

  • 繊維
  • 樹脂
  • 不織布
  • 塗料

システム構成図

仕様

機種名 名称 KES-QM 接触冷温感試験機
概算寸法(WxDxH) 本体:330x620x664mm
概算重量 本体:42kg
電源電圧 周波数 AC100V 50/60Hz
インターフェース PC(オプション) *1
対応OS Windows 7/8/8.1/10
サンプルサイズ 200x200mm(標準)
100x100mm(以上)
厚み:1mm(標準) 7mm(以下)
*1 PCは付属していません。最適な仕様のPCを弊社でご用意できます。

KES (Kawabata Evaluation System)
“KES”とは、「KAWABATA EVALUATION SYSTEM」の略で業界では一般的に「ケス」と表現されています。
布の風合いを計測する研究を行っていた京都大学工学部の川端季雄博士の基本設計と、奈良女子大学家政学部の丹羽雅子博士の応用研究開発により、手などから感じる主観的な判断を客観的データに置き換えることに成功した“風合い計測技術 KES”が誕生しました。

当製品の導入事例

当製品の導入事例はまだありません。

ページトップへ