BX5450
二軸引張り試験機
二軸方向に同時に引張る事で二軸伸張のデータが得られます。
X軸・Y軸が独立しているため、移動にかかる摩擦や相対軸への応力干渉がない構造小さなサンプルも測定可能です。
引張り応力最大50kgf、伸び量最大300%まで伸張する事が可能です。
また、試験条件はタッチパネルにより設定できるため、より簡単に試験が可能です。

BX5450 _ 二軸引張り

BX5450
二軸引張り試験機
特徴
同時引張り

一度の測定で同時に縦方向・横方向の結果が得られます。

最大引張り応力/伸び量

引張り応力最大50kgf、伸び量最大300%
その他ご要望があればご相談ください。

BX5450
二軸引張り試験機
仕様
寸法/重量(概算) 装置本体:W620 × D620 × H300(mm)/約65kg
装置アンプ:W600 × D400 × H1,099(mm)/約70kg
電源

AC100V 最大消費電力:300W

測定環境温湿度 20 ~ 30℃/50 ~ 70%RH
ただし結露しないこと。測定中は温湿度を一定に保つこと。
(標準温湿度条件:20℃/65%RH)
※風及び振動の影響が少ない場所に設置すること
引張り応力検出 検出器/ひずみゲージ方式(X、Y両軸共通)
最大検出力:500N(設定は490Nまで)
精度:フルスケールの±0.5%以下
引張り伸び量検出 最大伸び検出:150mm(片軸75mm)
最大300%変形
最大変形時の試料寸法:200×200mm(10mmの安全域有り)
精度:フルスケールの±0.5%以下
引張り動作速度(X、Y両軸共通) 0.00~最大10.00mm/sec (両軸)
試料寸法 (取り付け試料寸法) 50mm  (つかみしろを含み60×60mmから70×70mm 中央部に固定)
試料厚み範囲 試験試料厚み0.5mmから2mm
BX5450
二軸引張り試験機
仕様
薄膜
フィルム
ゴム
カタログダウンロード

ページの先頭へ